東京にある葬儀社のおおよその相場とは

日用品や家電製品であれば大体の相場が判明するものですが、あまり利用する機会のないものだと、相場がよくわからず、いざ注文する時に本当にこの価格で損をしていないのか、心配になってきます。利用する機会のない対象として、葬儀があります。家族が亡くなった時にいきなり発生するもので、多額の費用を請求されるのではないかと不安が募りやすい存在です。物価の高い東京の葬儀社を選択する場合には尚更だといえます。必要なお金を確保するためにも、事前に相場を確かめておくことが、失敗を防ぐ鍵を握るといえるでしょう。相場の調べ方としては、業者に直接電話で問い合わせる方法から、資料請求をする方法、利用経験者の話を聞くといった方法もあります。業者のサイトを確認するのも有効な手段です。

葬儀のプランによって相場が異なる

東京の葬儀社では利用しやすい、数種類のプランを用意しています。選んだプランによって相場が随分と変わってくる仕組みです。最も高額であるのが一般葬と呼ばれるものです。高度経済成長の頃から標準的に行われてきた葬儀のことを指します。100万円前後の費用がかかってきますが、100万円を切るケースはほとんど見られません。質素な内容で100万円くらい、標準的な内容だと150万円~200万円くらい必要になります。家族葬は遺族や親族などのごく親しい人たちだけで行う葬儀です。小規模な葬儀で済みますので、安くて50万円くらいでも可能です。標準的には70万円前後、豪華にすれば100万円前後します。一日葬は通夜と告別式を同じ日に行います。安くて40万円くらいで、後は家族葬と価格的な差はあまり見られません。

最もリーズナブルなのが火葬式!

最低でも40万円もの費用がかかるため、家計に余裕がない立場の人にとっては辛い部分があります。しかし、東京の葬儀社の中には火葬式という、ごくシンプルな葬儀のプランを用意しているところが割と多いですので、ぜひ活用しましょう。火葬式では通夜や告別式を行いません。必要最低限の葬儀で終わる内容です。親族の中でも特に近い人だけが集まるため、10人以下で行われる例がほとんどです。相場として、20万円前後が多くなっています。公営の火葬場を利用すればとても安く利用できますから、この程度の予算でも十分に収まります。食事を提供したり、香典返しなども一緒に依頼すれば、30万円~40万円くらいかかる例もあります。いずれのプランを利用するにしても、寝台車の距離や斎場の種類などによって相場が変化することを知っておきましょう。